広がれボランティアの輪;シンポジウム「災害対応とボランティア」

            シンポジウムの資料
            シンポジウムの資料

日本赤十字看護大学(東京)にて開催された「広がれボランティアの輪」主催のシンポジウム「災害対応とボランティア」に矢内理事が出席。
テーマは「ボランティアによる被災者支援の有効性を高めるために」


高梨成子氏(防災&情報研究所代表)、東浦洋氏(日本赤十字看護大学教授)の基調講義と村上徹也(市民社会コンサルタント・日本福祉大学教授)、山下弘彦氏(日野ボランティアネットワーク)がパネラーに加わり日常の関係の積み重ね、繋がりが如何に大事であるか、をそれぞれの立場、活動において再確認しました。

   

 

                                 トピックス一覧へ戻る