2012年度 ホスピス・緩和ケアボランティア研修会

   ― 「日常」というギフトをもたらす病院ボランティアの役割 ― 

         多くの参加者と共に 、ホスピスで日常を過ごすという事・そのお手伝いを

    させて頂けることの大切さを学ぶ研修会になりました。

 日 時:2012年 6月28日(木)  13:30~ 16:00

 会 場:薬業年金会館 3階(大阪市中央区谷町6丁目5-4) 

   一部 基調講演    石垣 靖子先生 北海道医療大学院教授

   二部 活動発表     姫路聖マリア病院ボランティアコーディネーター

               高槻赤十字病院 ボランティア

               愛知国際病院 ボランティア

 参加費:1000円  (財団・NHVA会員は無料)

 共  催:(公財)日本ホスピス・緩和ケア研究振興財団          

        

基調講演

 「日常をもたらすことは患者にとって

   心を救う大切なギフトといえるでしょう。

  ボランティア活動の本質はケアの本質と

  同じくするものであり、受ける対象と共に

  その過程で成長するものである。 」

 

各病院の活動発表の様子

                               2012年度開催報告一覧へ戻る