がんばっています 東日本

工房地球村

仙台地区研修に先立ち、仙台空港から海岸沿いに福島に近い山元町へ寄りました。
3
月11日、町全体の土地3分の1に津波が押し寄せました。現在、150軒以上あったイチゴ農家の98%はまだ復帰できていません。1000人以上の方が町内9か所の仮設住宅で暮らされています。訪問した「山元町共同作業所『工房地球村』」は、ここが閉鎖したら町の復興は進まないと、メンバー、家族、職員、仮設から通うボランティアなどと共に焼き菓子つくり、内職に励んでいます。これからは町に元気を取り戻そうと、カフェをつくろうと頑張っています。
美味しいクッキー、ケーキを食べて復興支援、お願いします。
詳細は「工房地球村」のホームページを。

 
  写真をクリックしてください        
       ↓
  

  

                                 トピックス一覧へ戻る