19日 7月 2017

光ヶ丘スペルマン病院を訪問しました

ホスピス・緩和ケアボランティア研修会の開催地である仙台を理事数名で訪れました。
東仙台駅から車で少し行くと今回の訪問先である「光ヶ丘スペルマン病院」があります。
本院は長い歴史があり、緩和ケア病棟は平成10年に開設されています。
院内を案内して頂きホスピスのお話やボランティア活動のことなどを伺うことが出来ました。
迎えて下さったパストラルケアワーカーである細谷様の眼差しは、病院の理念である「愛を持って奉仕します」同様の慈愛に満ちたものでした。
サロンではピアノと声楽家によるミニコンサートがあり、患者さんのティータイムの最中です。
ちょっとお邪魔しました。東北地方の震災を乗り越えて、日々患者さんの為に祈ること・
患者さんの尊厳を大切にすることを実践されています。快い穏やかな気持ちで病院を後にしました。
ありがとうございました。

筑波大学附属病院を訪問しました

研修会の前日理事数名で病院を訪問しました。代表さんと活動中のVさん、そして病院側の職員さんたちが
迎えて下さり、始まりの歴史や現在の活動のことをお話しいただきました。
また 院内のあちらこちらを案内していただき、活発な活動の様子が見えてくるようでした。
ボランティアさんと病院との良好な関係を垣間見ることが出来たように思います。
ご多忙な中ありがとうございました。

11日 6月 2016

内覧会に行ってきました

加古川中央市民病院の内覧会
西と東それぞれの市民病院の統合による新開院の為、先だってボランティアを導入についての講演をした関係で、内覧会の案内を頂き理事3名で参加しました。600床・30診療科を有する急性期総合病院となります。
最新機器を導入されており地域住民の健康を支え頼られる病院であり続けるという理念の基。
診察室や入院の部屋はゆとりのある作りでうらやましい限りです。勿論ボランティア室は用意されていました。
ボランティア募集で10名ほどが集まっておられるとのことでした。7月の開院が楽しみです。

加古川東市民病院で講演

新病院統合によって初めてボランティアを導入することになり、加古川東市民病院で副理事長の永井が導入の意義やプロセスなどの話をさせて頂きました
先生方や看護師・事務方の皆様、仕事の後でお疲れのところ多くのご参加があり熱心に聞いていただきました。ボランティア受け入れの意気込みが伝わってきました。地域に開かれた市民病院となられること期待しております。 

 

2か所の市民病院統合による新病院開設に際して新規に
ボランティアをが導入されることになりました。
加古川西市民病院では、医師・看護師・事務方と大勢のご参加を頂き斉藤副理事長がV導入の意義や活動内容の話で、
講演を行いました。先生方 みなさま ボランティア活動を
これからよろしくお願いします。

28日 1月 2016

三豊総合病院で講演

四国の三豊総合病院でボランティアの研修会で講演依頼があり、吉村理事長が出向いて
病院ボランティアについて等の講演を致しました。今回は四国在住の塚野理事が同行しました。

 

病院訪問in熊本

ホスピス・緩和ケア研修会が行わた熊本の地で病院を訪問しました。
イエズズの聖心病院と熊本医療センターの2病院です。

緩和ケア病棟があるみこころ病院は礼拝堂が設置されており心が安らぐ感じです。
コーディネーターでもあるシスターとボランティアさんとが信頼関係で強く結ばれているようでした。

熊本医療センターはなんと熊本城の敷地内にあり、落ち着いた環境に位置しています。
高台にあるので、日差しがよく入り明るい院内でした。ボランティア室もこじんまりとして
清潔感にあふれていました。

訪問記については次のおたよりに掲載いたします。