映画『結びの島 - いのちがいちばん輝く日』一般公開始まる

周防大島(山口県)は人口の二人に一人が高齢者の島です。
そこで診療所と複合型高齢者介護施設を営む医師(岡原仁志さん)が
患者と家族の思いに寄り添う日々を追った映画です。

関西では10月末からロードショウが開始になります。
他の地域は映画のHP(下記URL)を参考にしてください。

ぜひご覧ください。

『結びの島 - いのちがいちばん輝く日』
 https://www.inochi-hospice.com/musubi/

新型コロナウイルス感染について

会員の皆様へ                   2020年9月17日 新型コロナウイルスの感染がなかなか収まらない状況が続いています。    このような中で活動をする際は、

病院ボランティアの活動では、普段からボランティアさんが病院に病気を持ち込まない、ボランティアさんが病気をもらわないということが基本です。

さらに今回の新型コロナウイルスに関しては、どのような地域においても

十分に手洗いや消毒を行い、本人の体調の変化や体温の変化に気を付けるとともに、家族の体調にも気を付けましょう。

もし体調の変化があるときは勇気を持って活動を休みましょう。感染しない・感染を広げないという観点から、ボランティアさんは各自で慎重な行動をお願いします。


 

新型コロナウイルス感染症対策でのアンケートについてお願い

会員の皆様                       2020年8月4日

特定非営利活動法人 日本病院ボランティア協会  理事長 吉村規男

 

 先日はアンケート事前調査につきましてお忙しい中、多くのご協力をいただき誠にありがとうございました。

 各病院ボランティアグループがこのコロナ禍をどのように受け止め、対応したのか。その実態を調査し、得られた情報を病院の皆様そしてボランティア双方で今後に活かしていくことができればと考え、このアンケートを企画いたしました。

 会員の皆様には、メールと郵便にてご案内をしましたが、アンケートにご協力いただける病院様はご面倒ですが、メールの場合はホームページの『アンケート調査票』をダウンロードして頂き、郵便の場合は同封の『アンケート調査票』に、ご記入の上、9月15日までに日本病院ボランティア協会宛にメールまたは、郵送でご送付頂きますようにお願い致します。

 アンケートにお答えいただくにあたりましては、ボランティア代表様にお渡しいただく、あるいは病院様のお立場としてお答えいただく、どちらでも結構でございます。何卒よろしくお願いいたします。

 

最後になりましたが、医療の最前線で新型コロナウィルス感染症に立ち向かっておられる医療従事者の皆様には心より感謝申し上げますと共に一刻も早く、新型コロナウイルス感染症が収束することを願います。

※「編集を有効にする」をクリックして頂くと、書き込み可能となります。

 

「2020年10月に開催予定でした総会・つどいについて  以下の通り決定しましたのでお知らせします。」

                                                       2020年6月23日

正会員様

特定非営利活動法人 日本病院ボランティア協会

 理事長 吉村規男

 TEL06―6809-6506

 E-Mail nhva@cronos.ocn.ne.jp

「2020年総会及びボランティアの集い」についてのお知らせ

 拝啓

梅雨の候 皆様にはいかがお過ごしでしょうか。

 今年は新型コロナウイルスの感染拡大により、普段の活動が休止のグループが多いと聞いております。

 

 現段階で、今回のコロナ禍の収束が見えず第2波や第3波がやってくるという予測も言われております。

 

 そこで、誠に残念ではありますが、感染拡大を予防する観点から、例年行ってきました大阪で一同に会しての総会及びボランティアの集いを中止させていただくことを理事会で決定いたしましたのでお知らせします。

 

 「総会」につきましては、書面決議の形を取らせていただきます。10月末までに議案書を正会員の皆様に送付いたしますので、議案に対する賛否を書面にて表決をお願いします。詳細は議案書を送付する際にお知らせします。

 

 「病院ボランティアの集い」については中止とし、例年行っておりました「1000時間感謝状とバッジの贈呈」については、送付ご希望のグループには郵送いたします。来年でも良いというグループには来年に開催予定の集いで贈呈させていただきます。協会への1000時間対象者の報告については後日、報告書を送付致しますので、例年通りでお願いします。

 

 普段の病院でのボランティア活動を再開したグループもあると聞いております。まだまだ病院が大変な状況は変わりないと思われますが、我々の活動が一日も早くもとに戻ることを願っております。

 

                                                                     敬具

活動日変更のお知らせ

 毎週水曜日の事務所での活動をお休みとさせていただきます。

 ご不便をお掛けしますが、よろしくお願いいたします。

事務所移転のお知らせ

新年おめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。

この度、協会事務所を下記に移転することになりました。

 

引っ越しに伴う作業のため通信関連が数日不通になることが予想されます。

 

皆様には大変ご不便をおかけいたしますが、よろしくお願い致します。

 

 引っ越し日2020年1月23日(木)

 

 新住所 : 〒542-0012

 

      大阪府大阪市中央区谷町6丁目4-16商店街ビル 202号

 

電話&FAX:(変更なし)06-6809-6506

 

メールアドレス:(変更なし)nhva@cronos.ocn.ne.jp

 

通信関連の不通(予定) : 1月22日(水)~1月26日(日)

 


 

厚生労働省への要請活動

内容   2019年9月3日、厚生労働省に下記4項目の要請をしました。

1.わが国における病院ボランティアの実態について調査を実施され、

その結果を公表してください。

2.病院ボランティアを積極的に導入するように、医療機関及び

医療関係者に働きかけて下さい。

3.病院ボランティアの普及に向け、社会に啓発してください。

4.病院ボランティアの活動が充実向上するための助成金・補助金を

創設してください。

結果   それぞれ実現までの道は険しいですが、一歩一歩進んでいきます。

 

37日に「おたより」「福岡研修会チラシ」を発送しました。

今回より発送業者を変更しましたのでお手元に届くまで1週間から10日前後かかります。

2週間以上経っても届かない方は協会(06-6809-6506)まで

御連絡くださいますようお願いします。

         平成30年7月6日からの大雨により、激甚災害に指定された大災害に 遭われた 犠牲者の多くの方々に深く哀悼の意を表します。

   また、被害に遭われた方々に心からお見舞い申し上げます。

                                          お知らせ

                 平成30618日 午前758分 大阪北部を(高槻市)震源          とする震度6弱の地震が発生いたしました。犠牲者5名の方には深く          哀悼の意を表します。

     また、被害に遭われた方々や避難を余儀なくされた方々には、心          からお見舞い申し上げます。 

    当協会事務所は震源地より少し南に位置し、幸いなことに被害は

    ございませんでした。また、理事全員が無事でありましたことを

    お知らせいたします。 

                                       日本病院ボランティア協会

  理事長 吉村 規男 

3月4日(日)に浜松アクトタワーで

「平成29年度 地域貢献事業 市民公開講座」

「大地震発生時、医療は人を救えるか? ~あなたと家族を守るために知っておきたい10のこと~」が開催されます。

第1部は災害が起こった「その時」を想定した講演、第2部「あなたにもできるトリアージ」では簡単なシミュレーションでトリアージを学びます。

手づくり作品集増刷のお知らせ

      手づくり作品集のご案内(復刻)

  当協会に加盟している全国のボランティアグループから
    お寄せ頂いたレシピを参考にさせていただきました。

  大きさや形がいろいろの布小物たちです。
  患者さんのそばで少しでもお役に立つといいですね。

          ※ 御入用の方は協会へお問い合わせください。
                     (冊数に限りがあります)

 

 「 災害時の病院ボランティア 活動」 ガイドブック

外部委員の先生方のお力添えで「災害時の病院ボランティア活動ガイドブック」が出来上がりました。
このガイドブックを参考にして、各グループが災害時の活動について検討し病院とも話し合いの場を持って頂きながら、災害時の活動に役立てることを願っています。

   ¥    

メールアドレス:nhva@cronos.ocn.ne.jp

電話・FAX:06-6809-6506